現場で働く人たち

棟梁

外張り断熱は木工事は大変だけど、
夏なんか屋根裏工事は暑くなくて楽だよ。
特に寒さに弱い女性や高齢者なんか最高の住み心地だと思う。
これからのお客さんはすべて外張り断熱で建ててほしいね。

木工事 田代棟梁


棟梁

断熱材は軽くて板状だからチクチクしないで扱いが
簡単、特に真夏や冬は早く張ってしまうよ。
そうすれば室内施工の時、快適な温度で仕事が
できるから、今ではこの断熱材でないと絶対いけないと思うようになったよ。

木工事 甲崎棟梁


断熱気密担当

高気密・高断熱住宅は丁寧な施工が命、
やはりエネルギー垂れ流しを
しない家は施工がしっかりしていないと性能が出ません。
断熱気密工事はある程度の時間が必要、
気密検査はいつも緊張します。

断熱・気密工事 渡辺


電気工事

外張断熱は壁の中が空洞だから電気配線はとても
簡単、壁の中に空気が通るから家は蒸れないし、
快適だろうなといつも感じています。
配線で少し穴をあけるときには発泡ウレタンでバッチリふさぎます。

電気工事 赤星


断熱材、24時間換気担当

熊本の夏は全国屈指の蒸し暑さ、
さらに冬も九州では一番寒くなります。このような所こそ外張断熱工法の良さを一番感じやすいと思います。部屋の中がさわやかだと熱ストレスがなくてとても快適です。
石油や電気など光熱費が少ないと家計も大いに助かりますよ。

断熱材・気密・24時間換気 島田


左官工事

昔に比べると、タイルの種類も随分増えました。
玄関は家の顔になる部分、100年踏まれても大丈夫の精神で施工します。
外壁も近年サイディングがとても多くなりました。
塗り壁は手間は相当かかりますが、家の独自性を求める人にはピッタリです。

左官工事 原口


屋根工事担当

屋根は雨風を受けるもっとも過酷な条件になる場所です。
外張断熱にすると、板状の断熱材が瓦の下に施工してあるので2重に防雨対策になりとても安心感がありますね。
釘もしっかり打ってあるので台風時も安心です。

屋根工事 太田


塗装工事

塗装は家の最終仕上げ、我々の仕事でいい家になるかどうかが決まります。最近の若い人たちは、色に対して自由な発想を持っているようです。
ある程度思い切った色にして独自性を出すのも面白いですよ。

塗装工事 平山


水道工事

家が出来上がれば水道工事はほとんど見えませんが、毎日使う大事な工事です。
今はエコキュートやシステムバスなど省エネ商品がいっぱいです。我々はとてもめぐまれた時代を生きているのを実感しています。

水道工事 俵


無料プレゼント